ほんじなすのほんじなす日記
僕がやりました・・・・・反省してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際理解教室
各クラス、1年に2回行われる国際理解教室の公開授業が、昨日行われました(また、昨日の学校ネタ)。娘のクラスはフィンランド、1組はメキシコ、2組にはモンゴルの方が講師として招かれました。

授業は・・・・その国の文化・風習・遊び・食事などを、スライド映写や、歌・踊りを交えて楽しく教わる・・・という内容です。

せっかくのフィンランドなのに「(踊る・・魚住係長の)トントゥー」情報が無かったのが残念です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
楽しそう
いいですね、そういう授業。楽しそうです!
冬季オリンピックの時に、市内の各小学校で「一校一国運動」っていうのを
やってたことを思い出しました。
要は同じことをクラス単位ではなく、学校単位でやるんです。
で、その国の人たちと交流を深めるんです。
子供たちもそういう所から、国際感覚を身に付けられるよいキッカケに
なるんじゃないかな?
【2006/06/24 22:10】 URL | SUNNY青島 #- [ 編集]

SUNNY青島様
「一校一国運動」!。いいですね!その運動を機会に、様々な国を知り、また交流を深めることができるのは、とても素晴らしいことだと思います。子供達にとって実りある、生きた学習といえましょう。
普段の国語、算数ではパッとしない子も、先日の理解教室では目の輝きが違いました。
【2006/06/26 08:57】 URL | ほんじなす #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。