ほんじなすのほんじなす日記
僕がやりました・・・・・反省してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソレを言っちゃ~オシマイよ!
昨日は、読み聞かせボランティアの活動日でした。

託児所にて『大きなカブ』・・を読み終えると、子ども達が「皆で引っ張るのがおもしろかった!」などとコメントしてくれました。

中に「人を呼んでこないで、おじいさんが包丁持ってきて、畑でカブを切って運べばいいんだよ!」と発言するお子チャマも・・・
そんな女の子に「きっと、このおじいさんのお家には包丁がなかったのね、でも皆で協力するのがコノお話のいいところなんだけど・・・・」
と言ってみたものの、最後の解説はチョッと小声になってしまいました。
このコは将来、合理的主義な女性になるでしょう。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
物語を楽しむって
ある意味、技術が必要ですね。
テーマは何か知る理解力、登場人物に感情移入できる共感力、
どんな場面なのかを自分の頭の中で再構築する想像力、などなど。
ちっちゃい頃から、「読み聞かせ」や「読書」などを通して
色んな事を疑似体験するのも、大事なトレーニングになるんですね~
ほんじなすさん、がんばれ~

しかし「合理主義ツッコミお嬢ちゃん」(←勝手に命名)
彼女は彼女なりに自分の普段の生活体験から
「おっきければ切ればいいのに」って一生懸命考えたんでしょうね。
実際、目の前にでっかいカブがあれば、私も小さく切ることを考えるかも…(笑)
彼女は、テレビドラマを見ながら
「こんなことありえねぇ~」なんてツッコミ入れる大人になるのでしょうか(笑)
【2006/01/20 11:23】 URL | 室井くまたん #- [ 編集]

室井くまたん様
子どもの柔軟に富む発想にも、素直に耳を傾けたいです。
合理主義お譲ちゃんなりの考えだったのですね。少数意見も反映される世の中でなくてはなりません。

そういえば、思い出されます。OD1で身代金用のお札番号をひかえるシーンで「コピーとればいいのに・・・」といった雪乃さんの一言を。

読み聞かせ(上手とはいえませんが)少しずつ続けていきたいと思っております。
図書館の読み聞かせ担当さんは、上手ですよ~。他の遊びをしている子どもたちをひきつける魅力をもっています。
【2006/01/20 14:53】 URL | ほんじなす #- [ 編集]

ステキな
ボランティア活動されてらっしゃるんですね!
子供の発想って突拍子もないものもあれば、
妙に現実的・合理的な場合もあって、面白いな~って思います。
本読みが上手な人、話し上手な人に憧れます☆
【2006/01/20 23:02】 URL | SUNNY青島 #- [ 編集]

SUNNY青島様
家庭に入ってしまうと社会と離れた人生を送りそうなので、昨年の春よりはじめました。当初娘の学校のみでの活動のはずでしたが、ご近所の児童福祉施設にもオジャマするようになりました。

ありがとうございます。憧れる?!きゃ~恥ずかしいです~。私は、新参者で修行が足りません。もっと精進します。次は紙芝居の予定です。
【2006/01/21 10:35】 URL | ほんじなす #- [ 編集]

読み聞かせ
私は、この読み聞かせがすごく苦手です。
物語の世界に引き込む技術が全くないというか・・・
読む速度、抑揚、読み手の表情なんかも関係してくるのでしょうが、
だめだめです。

ボランティア、ぜひこれからもお続けくださいませ。
物語の世界に浸る喜びを子どもたちに伝えるために、私も微力ながら努力します。

私は、このお嬢さんは、すごく好きです。きっとお話しするとおもしろいお子さんでしょうね。
【2006/01/23 19:28】 URL | かねさだ #- [ 編集]

かねさだ様
はい。ありがとうございます。未熟ながら精一杯努力したいと思います。

マンガの世界も楽しいですが、物語の読み聞かせにより、個人が各々のイメージを膨らませることができるよう、自分なりに研究していきたいと思っております。

図書館にて2~3回ほど語り講習なるものを受けたのですが「ほんじなすさん!恥ずかしがってはダメ!」「少々まちがえても、すぐに‘アッ・・・’とか言わない!」とイキナリいわれてしまいました。うううう・・・
聞くのは大好きなのに、自分がやる立場になると、これほど難しいとは。
【2006/01/24 08:39】 URL | ほんじなす #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。